慢性腰痛ってどんな症状?

腰の痛みが3ケ月以上つづいているものは「慢性腰痛」となります。
 
腰が痛くて立ち仕事がしんどい」
「病院では骨に異常がないと言われたけど、腰が痛む」
「コルセットを巻いているが症状は改善しない」
「マッサージを受けていたが、その時ラクになるだけでどうしたらいいか分からない」
「パソコン仕事から立ち上がる時に、痛みですぐに動けない」
「寝ていても腰が痛くて目が覚めるほど」
といった内容が、当院ではよくご相談いただいております。
 
みなさんも、長期間、腰の痛みを抱えてらっしゃるのではないでしょうか?
 

原因の特定がむずかしい

腰痛がなかなか治らない原因は、以下に挙げる要素が複雑に絡んでいるために特定がむずかしいためです。
 
・運動不足・
身体を動かすと筋肉は柔らかくなるのですが、デスクワークだけで身体をほとんど動かさない方は、筋肉も硬くなりバランスが悪くなり腰痛に発展してしまいます。
 
・睡眠不足・
疲労も溜まり血も巡らないので筋肉が硬くなります。また神経も過敏になり痛みを感じやすくなります。
 
・姿勢の悪い方・
脚を組む、片足重心、頬杖などのクセからバランスが崩れてしまっている方は、一時的に腰痛が軽くなっても、再発し腰痛が長引きやすいです。
 
・食生活の乱れ・
実は内臓と筋肉は関連があり、飲みすぎ食べ過ぎは腰回りの筋肉をかたくしてしまいます。
お盆明けやお正月明けに腰が痛くなる方は、要注意です。
 
・精神的ストレス・
不安やプレッシャー、イライラは筋肉を固くし、血流を悪くして、今ある痛みを大きくしてしまいます。
 
いかがでしょうか?
普通にお仕事をしていても、おウチのことをしていても避けることができないものばかりです。
決してあなたの生活習慣が悪いといったことではなく、どなたでも腰痛はなってしまう可能性があるのです。
また何かひとつの要素だけで腰痛が起こっているのではなく、これらが複雑に絡まって腰痛を引き起こしているので、ご自分の力だけで解決するのは非常に難しいと思います…。

決してあなたが悪いのではありません

 

慢性的な腰の痛みを抱えてらっしゃる方は、ご自分で腰痛を何とかしようとされた方がほとんどではないでしょうか?

 

運動がいいと聞いては、ウォーキングやプールを試された方もいらっしゃるのではないでしょうか?

逆に運動したくてもお仕事で遅く帰って睡眠不足、さらに休日は疲れてそれどころではない…なんて方も多いのではないでしょうか?

他にもお仕事柄、長い時間パソコン仕事をして、帰りには飲む機会が多いなんて方もおられるでしょう。

美味しい食べ物が多い時期に暴飲暴食をした次の日は、腰が重いなんて経験がある方もおられるのではないでしょうか?

 

もっと言えば通勤電車や合わない空調、苦手な同僚や上司、やりたくない事を押し付けられるなどストレスになる事のひとつやふたつは誰でもあるのではないでしょうか?

 

 

 

まとめ

腰痛が長期化している方も、ご安心ください!
腰痛を訴えられる方には共通点があります。
ひとつはお身体のバランスが崩れていること。
ふたつめは筋肉がかたくなってること。
このふたつが重なった時に、腰が痛くなっているのです。
つまり、バランスの崩れと筋肉のかたさのふたつを取り除けば、あなたが長年悩まされてきた腰痛は改善する可能性があるということです。
 
今までに色々と試したけれど、思うような改善が得られていないのでしたら、是非ともご相談ください。

電話でのご予約・お問い合わせはコチラ

0743-76-0030