腕や肩を動かすと痛む場合の対処法


「腕が上がらずお風呂上りに背中を拭けない」
「肩が痛くて電車でつり革が持てない」
「お尻のポケットに入れた財布が出しにくい」
 
上記を読まれて「わたしも似た感じで困っている」と思われた方も多いのではないでしょうか?
お仕事や家事、趣味やスポーツなど何をしていても、腕は使うことが多いので、肩は常に力が入りやすく負担が多い部分ですので、肩に関するお悩みを抱えていらっしゃる方は本当に多いです。
 お読みの方の中で「動かしにくいだけやし、自然に治る」と思っていらっしゃる方は要注意です。
何もせずに放っておくと、固まってしまって動かせなくなることもあります。
しかし、ご安心ください!
ご自宅でもできる、対処をお伝えしていきますので最後まで読み進めてください。

電話でのご予約・お問い合わせはコチラ

0743-76-0030

痛いからといって動かさないでいると…

肩や腕を動かした時に痛みを感じるといった場合は、筋肉や血があまり動いておらず、肩回りが固まってきている可能性が高いです。
動かすと痛い、だからあまり動かさないという事を繰り返してしまい、最終的には腕を動かせる幅がどんどん狭くなっていきます。
肩や腕を動かすと痛みが強くなるといった方は、出来るだけ固まらないように、早く痛みのない状態にしていくことがポイントになります、そのためには、肩回りにある多くの筋肉を動かして、血を巡らせることがとても大切になってきます。

肩や腕を動かすと痛い時にしていただきたいこと

やっていただきたいことはとてもシンプルです。
まずは腕の重みを肩に伝えないようにしてください。具体的には机の上に肘を置く、脇を締めて肘から先を動かす、三角巾などで固定するといった形をとってください。
肩の構造上、腕の重みが伝わらなければ、痛みの原因となっているものの多くは消えます。
個人差はありますが、早い方だと一日で痛みが軽減してきます。
その段階になっても終わりではありません。もうひと頑張りしてください。
痛くない範囲でかまいませんので下のストレッチをお試しください。
 

いきなり大きく動かすのではなく、あくまでも気持ちいいと感じる範囲内でかまいません。

二段階ありますが気長に地道に続けていただければ、気が付いた頃には肩が痛かった事を忘れるくらい改善してきます。

 

 

実際に改善された方も「気が付けば万歳できるようになっていた」とおっしゃられることが多いです。
最低でも毎日1分を1ケ月程度続けていただき、動かせる範囲が広がっている、もしくは痛みが軽くなっていればOKです。
自分なりにやってみたけれど痛みが変わらない、動かせる範囲も広がらないといった場合は、痛みの原因が違う場所かもしれませんので、一度治療院にご相談されることをオススメします。


電話でのご予約・お問い合わせはコチラ

0743-76-0030