NEUBOXⅡ(ニューボックス2)


 

当院で使っているNEUBOXⅡは、チェコで開発された電気治療器です。

 

最大の特徴は特殊な電気を体に流すことで、細胞レベルにまで浸透し「治るモード」に変えることができます。

 

この特殊な電気で「膜電位」という体に流れている微弱な電気バランスを調整することができ、結果として治療後もいい状態を長い時間維持できるというメリットがあります。

 

また以下の様に、短時間で筋肉を柔らかくしたり、腫れと痛みの軽減効果があると世界的に信頼のできる機関からも認められています。

 

二重盲検臨床試験*1 により確認された有効性(痛みの軽減及び握力の回復など)
*1 Finn Johannsen,MD et al. ;Arch Phys Med Rehabil Vo174, April 1993

 

最新の発表内容


2021年6月27日に開催された「第28回よこはまスポーツ整形外科フォーラム」でNEUBOXⅡが紹介されました。
 
フォーラムでは、NEUBOXⅡがクリニックやリハビリ施設、スポーツ現場で広く用いられており、選手のコンディショニングや、怪我からの競技復帰に、驚くような効果を発揮していることが発表されました。
 
フォーラムの学会長を務める、藤谷博人医師の発表では「骨格筋損傷の治療は、従来の安静加療よりも受傷直後から、微弱電流刺激を行った方が、早期の復帰が期待できる。」という発表がありました。
 
加えて、症例報告では、アメリカフットボールの日本代表の選手が、大会前に肉離れを受傷した際に、すぐに微弱電流を開始した結果 
・2日でジョギングの開始
・12日目にはチームのプレー合わせに参加
・14日目には開幕戦、先発出場
と、受傷した選手も驚くようなスピードで回復し、大変喜んでいただけという報告もいただいております。
以上のような症例報告から、スポーツによるケガだけではなく、肩こりや腰痛の患者様にも積極的に使用させて頂いております。